2017年3月9日木曜日

十楽章〜2

〝私がうららになって家に帰れば、
うららはこのまま旅を続けられるでしょ?″

「私になるって、変装でもするつもり?」

 
小馬鹿にしたつもりで言ってみると、彼女は


〝もちろん!″


と、元気よく返事をするのであった。


「あぁ、うん。そうね」


 ダメだ。この子を頼った私が馬鹿だった。


〝む、なんだいその反応は″


 と、フラッチーは不満そうな顔をする。

 バカが過ぎている。非常識にも程がある。

 そもそも、ごくわずかな人にしか視認できないというのに、どうやって私の代わりを務めようというのか。

 とまあ、言ってやりたいことは色々あるけれど、なんだろう……言うだけ無駄な気がする。

 そんなことより、なんとか他の方法を考えなければ。でも、あの感じだともう嘘は通じないだろうしなぁ。


「あぁぁぁどうしよう〜」


〝だからあたしがうららになってさ″


「はいはい。それはもう分かったから」


 しつこいフラッチーを適当にあしらいつつ、お母さんに打ち勝つため頭を捻らせる。


〝やれやれ。そうやって考え込むからいけないのに″


「ん? 何か言った?」


 フラッチーの声が聞こえて振り返った私は、我が目を疑った。

 鏡も何もないはずなのに、同じ姿形でそこに立っている。私が。

 一体、どういうこと? 目を擦っても頬をつねっても、ドヤ顔で仁王立ちする私が消えることはなかった。どころか、質感のある声でこう言うのだ。


「どうよ!」


「……え……え?」


 何が起こったのか分からず戸惑う私。それでも、その態度と雰囲気から何となく察しはついた。


「まさか……フラッチー?」


「正解!」


 頭が真っ白になりそう。まさか、本当に私になってしまうだなんて。あらためてでたらめな存在だなぁと感じた私である。

 でも、これでフラッチーの提案が現実的となってしまった。だって、それが可能ならすごく美味しい話じゃない。


「ん? でもフラッチーって物に触れないんじゃなかった? ご飯も食べられないんじゃないの?」


 私の質問に対し、フラッチーは「ほい」と私の手を掴んでがぶり。


「……え?」


 手のぬくもり、柔らかさ、あと、口の中であろう感覚が、私の手から伝わってくる。視覚以外でも、その存在が実感できる。

 不意を突かれてしばらく思考が停止してしまったけれど、フラッチーの行動で私の疑問や心配は無くなった

 これは、いける!




art by Chii & Ema



2017年2月27日月曜日

十楽章〜その1

「あ.....もしもし、おかあさん?

うん、わたし、うらら。
あんまり連絡しないでごめんなさい。
え?元気だよ、カゼなんてひいてないよ。
ちゃんと野菜も食べてるってば〜
こっちのかぼちゃ、すっごく美味しいから、さ。うん、甘いの〜ほくほくして〜
って、そんなことはいいから。
あ、あのね、私ね...
まだしばらく家に帰れない。」



『;:#=:][,*!-|/@~¥='%^!!!!!』



電話越しに聞くおかあさんの怒声、なつかしい。



電話を耳から遠ざけながら、予想通りの「なにいってるの!早く帰って来なさーい!!!」という母のセリフをクールに聞き流し、私は前もって考えて用意しておいた”ここから帰れない理由”を、演技力たっぷりに話した。

「あのね、ここで出会って今お世話になっている女の子がさぁ...ウツなんだよ。誰とも打ち解けて話せないんだって。だけどさ、私にはとっても親しくしてくれて。うん、もう昔からの友だちみたいにさぁ。それで、夏休みが終わるまで『どうかここに一緒に居てもらえないか』ってその子の家族の人たちに頼まれて......それでさ、嫌って断れないんだ。」

他人のことにすぐちょっかいかけたがる...じゃなくて、面倒見のいいおかあさんなら、こういう理由で「ダメ」とは言わないはず。

私が話し終わると、受話器の向こうでしばし沈黙する母。
しめしめ。やっぱりダメって言えないよね〜

ところが、沈黙の後に帰ってきた返事は...

「ねぇ、うらら...」

はい!お母さん、わかってくれてありがとう!

「作り話でお母さんを騙そうったって無理だからねっ!ごちゃごちゃ言ってないで早く帰って来なさーい!! 宿題山ほど残してるくせに!!!』


ううぅぅぅぅぅぅ。


さすが、お母さん。

なんでわかっちゃったの?

『あんた、嘘つく時はね、話し方にいつもより抑揚が出るのよ!声に「だましてまーす」って周波数のっちゃってるんだからっ』

ひえぇぇぇ〜フラッチー並みの読みの深さ。

って、感心してる場合じゃない。

「と、とにかくねぇ〜お母さん〜」

甘えてみる。

『帰ってきーなーさーーーい!!!!!』

打つ手なし。


はぁ〜っと、ため息をついて電話を切った。
するとフラッチーが隣で、抑えていた笑いを吹き出して言った。

”おっかし〜い!うららのお母さんって面白い〜”

はいはい。側から見てたら面白いでしょうよ。
なによ。私を助ける気、ないの?

”うーん。助ける、ねぇ...いいアイディアがあるよ”

フラッチーは、いたずらっぽく私を見た。


ちょっと嫌な予感。

”うららのために、一肌脱ぐか!”

「一肌脱ぐ」なんて、人間くさい言葉、よく知ってるね、このイルカ霊ってば。

嫌な予感を振り払えないまま、私は彼女に聞いた。

「どうやって助けてくれるつもり?」

ふくれっ面をした私に顔を近づけてフラッチーは言った。

”私がうららになってさ、お家に帰ってあげるよ”



art by Chii & Ema




2017年2月17日金曜日

十楽章〜prologue

この星(地球)は、宇宙の潮より生まれた。

”ハ・ハ”は…それぞれに、星の民となるいのちのタネを宿し、
ふたつに相反して別れ、カタチを成し、ひろがった。

ひとつは、固まり、地上に突起し。
ひとつは、溶けて、地中に潜り。

固まって突起した潮は、白き山と成り、
はじめのシマと成った。

溶けて広まった潮は、透明な水と結ばれ、
はじめのウミと成った。

宇宙から、この星を眺めたほかの星人たちは、この蒼く光る美しい星を愛し、この星へ降り立ち、祝福の神楽を奏上した。

その、唄と舞は。

宇宙と星々との契りの神楽。

御天親加那志と星童びの結びの神楽。

私たち心の奥深くには…
そんな遠い昔の神話の記憶が眠っている。

この記憶は、ただの古い記憶なのだろうか。

今はとうに、忘れ去られた記憶なのだろうか。

いいえ。

人は、生きとし生けるすべてのイノチは…

この記憶を元に、この記憶を辿る旅を、ずっとずっと。
過去から...そして、未来から。

長い年月をかけて、巡っているのだ。

この記憶の元に、今を生きているのだ。

そして。

私達のいる「今」とは、
過去と未来の時空の結び目。

そう。

私達は…いつの日も、どこにいようとも。

『結い』の、内に在る。


この旅で結ばれる、縁(えにし)とは。

記憶を紡ぎあうこと。
未来を織り成しあうこと。

描きあうこと
奏であうこと
まつりあうこと

それらに共鳴しあう、仲間。

Ohana。



2016年7月13日水曜日

9楽章〜その3

お婆さんが砂浜を去り、私とカホラちゃんの二人が取り残されたまま、波の音を聞いていた。

しばらくして、どちらともなく海にやっていた視線が陸に戻ってきた時、

「えっと、どうしましょう?」

 カホラちゃんが控えめに尋ねてくる。
このまま踊りの練習の続きをするか...
ううん、今はできないよね。


「ちょっと、整理がしたいかな」

「ですよね。じゃあ、練習は中断しましょうか」

「うん」

 その後、私はしばらく浜辺を歩き続けた。

分かったのは『いのちのしま』は、クジラが運んで来てくれたメッセージ...だということだけ。だけど、それがどういうメッセージなのか、まだまだよく分からない。これじゃあ余計にもやもやしてしまう。

〝そんなに悩むことかなぁ〟

「うわぁ! ってなんだフラッチーか」

 急に声が聞こえたからびっくりしちゃったよ。恥ずかしいなぁもう。

〝なんだとはなんだ! 苦戦してそうだったから手助けに来てあげたのに〟

「手助け?」

〝「いのちのしま」に想いをめぐらせてたんでしょ?〟

「まぁ、そうだけど」

 ん? イルカって...
確か、クジラの仲間だよね?

と、いうことは。

〝言ったでしょ、手助けって。教えはしないからね〟

 う、この子また人の心を。

「じゃあ、ヘルプミー」

 両手を合わせてお願いすると、彼女はご満悦といった顔になる。

〝思い出してごらんよ。カホラちゃんの唄を聴いたときを〟

 それはさっきのことかな。あの、夢を見てたような感覚。そういえばあの時、色んなものが見えたような……

「それが、何か関係してるの?」

〝関係しているもなにも、うららの記憶そのものじゃないか〟

 え? あれが、私の記憶? どういうこと?

〝正確には、フララの記憶だけどね〟

 その瞬間、私は理解した。

 そうだ。私はクジラだったんだ。



正確には、何か不思議な夢を見た時や、カホラちゃんが「いのちのしま」を歌ってくれた時や、海を前にふとした瞬間、私は人間ではなく、何か別の生き物...そう、まるでクジラのような感覚が、身体中にあるんだ。

 そして夢を見ているとき、私はクジラの姿になってることが多かった。さっきもそう。音を頼りに海を泳いでるとき、確かに私はクジラだった。あまりにも自然とそうなっていたから、気にならなかったんだ。

 それもそのはず。だって私は本当にクジラだったんだから。
 
 フララ。夢の中で名前を呼ばれたときはフララだった。

それに、フラッチーが私のことをフララっていうときもあった。これは私がクジラのときに呼ばれていた名前なんだ。

 なぜ?

一体なぜ、そんな記憶が蘇ってきたの?
なぜ、こんなことを、思い出さなければならないの?

他の人々も、今の自分ではなかった頃の記憶を、みんな持っているの?


謎だらけ。


この夏休みは、まったく。
おかしな謎だらけだ。

けれど、心はワクワクする。

私は、学校のことやお家のこと、宿題も友達も...もう、普通にこのまま女子学生の夏休みを過ごせなくなってもいいから、この謎の秘密を知りたくなった。

海で出会ったおじさんも。
フラッチーの正体も。
クジラの夢も、お婆さんの言葉の意味も、


すべて。

 
 私は、それがわかるまで.....
家には帰らないことに決めた。





2016年6月29日水曜日

9楽章〜その2

 「いのちのしま」に関わること全て? にわかには信じられない……けど、信じられないような体験はいくつかあったし。それにこのお婆さんって、あのおじさんに、なんとなく雰囲気が似ている。夏休みの始まりに、クジラの丘で偶然に出会ったおじさん……私にカセットテープを渡してくれた、あのおじさんに。

「あの、だったら色々聞きたいことがあるんですけど」

「聞きたいことがいっぱいか。うむ、知っておる。この唄が何なのか知りたいんじゃろ?」

 私とカホラちゃんは「はい」と頷いた。二人は真剣な面持ちで、お婆さんの言葉を待つ。

「『いのちのしま』はの、海の民からのメッセージなんだべ」

「「メッセージ?」」

 二人の声が重なる。

「海の民って、誰なんですか?」

カホラちゃんは遠い向こうを見つめるようなまなざしでそう聞いた。

「誰って、海に暮らしている家族さ」

「えっそれはいったいどういう…」

それは一体どういうことなのか、と、不思議がるカホラちゃんを感じながら、私は漠然と理解した。

海に暮らしている家族…そう、例えばフラッチーのような存在が突然あらわれ、私のそばに居る。信じられないことだけど、海の生き物が…それも他界しちゃった生き物が、私のそばに居る。もう、今の私なら、なんでも信じることができちゃうからね!    って、自慢することでもないんだけれど。

「そう。彼らは我々人間に伝えようとしている。それが何なのかは、自分で探してみるといいべさ」

「そんな! もったいぶらずに教えてよ!」

 カホラちゃんは抗議する。けれどお婆さんは、「それじゃ意味ないんだべ」と言ってのけた。

「すぐに分かるときがくる」

 最後にそう言い残し、お婆さんはここから去っていった。

 微妙な空気が流れていた。カホラちゃんは釈然としない様子。

    私は頭の中がこんがらがりつつも、心の深いところではお婆さんの言葉を理解したいた。


イラスト by うらら